風邪を治すのに有効なビタミンCと一緒に摂取して免疫力を上げる方法

風邪を治すのに有効なビタミンCと一緒に摂取して免疫力を上げる方法

ビタミンCというのは活性酸素を除去し、
風邪予防、風邪の治療だけでなく、病気
全般に有効であると言われています。

 

ですのでビタミンCを含む食材を積極的
に食べるということが大切です。

 

とくにレモン、オレンジ、ライムなどの
かんきつ類、緑黄色野菜、イモ類などに
多く含まれています。

 

ただ水に溶けやすく、加熱すると壊れやすい
性質があるので、ビタミンCを効率よく摂取
するには食べる直前に調理することが大切
です。

 

しかも体内に入ったとしても、排出され
やすい性質があるので、一日3食、ビタミン
Cが含まれている食材を食べるようにしま
しょう。

 

ちなみにビタミンCには免疫力を向上させる
作用がありますが、この力をさらに増大させ
るためには、ビタミンEを一緒に食べるという
ことが大切です。

 

ビタミンEを多く含む食材には、アーモンド、
ピーナッツなどのナッツ類といわれています。

 

抹消血管の血液循環を良くしたり、心筋梗塞、
動脈硬化などの血管系の疾患の予防の効果
があったり、抗酸化物質による血管や細胞
の破壊する活性酸素を除去する作用もある
といわれています。

 

実際にある研究結果によると、一日200
ミリグラムのビタミンEを摂取した人という
のは、ヘルパーT細胞が活性化されたり、
サイトカインの量が増えたり、ナチュラル
キラー細胞が活性化されたりするという
ことが報告されています。

 

このビタミンEというのは、ナッツ類の
植物性油の中に含まれているのですが、
非常にエネルギーが高いため、あまり
食べ過ぎるというのは危険です。

 

おつまみなどで3粒程度食べれば十分
といわれています。

 

ちなみにナッツ類以外でも、うなぎや
アユなどの魚介類からも摂取することが
できます。

 

しかし自然界にある食物だけで風邪を
治すことができるというのは本当に
素晴らしいことです。

 

できれば毎日の食事メニューにビタミンC
とビタミンEが含まれるように検討すると
いうのが望ましいといえます。

 

ただこれが長期間続くとなると、なかなか
食事メニューを考えることに限界がきて
挫折してしまうということもあるかもしれ
ません。

 

そんなときはサプリメントでカバーする
というのでも良いかと思います。